毛質の違いも知っておこう

医療用ウィッグの種類はいくつか存在していますが、中にはなるべく自然な仕上がりで他の人に気付かれたくないと思っている人もいるのではないでしょうか。こういった場合には毛質にこだわるといいでしょう。大きく分けると3つ種類があるので説明します。

まず1つ目は、人毛です。医療用ウィッグの多くに人毛が使用されていますが、メリットとしては質感や手触りが自然で馴染みやすいことです。人毛なので耐久性にも比較的優れており、簡単に劣化することはありません。手入れはする必要がありますが、髪の毛のようにシャンプーをすることも可能なので比較的手間はかかりません。

続いて2つ目は、人工毛です。素材としては、ポリエステル系の素材を使用していることが多くなっています。メリットとしては価格が安いことです。人毛では費用が高くて手を出せないという場合は、人工毛について考えるといいでしょう。

最後に3つ目は、混合毛です。これは人工毛と人毛がミックスして作られている素材です。好きなカラーやサイズで調整することができますし、手入れに関してもそれほど手間がかからないので、近年、注目を集めている素材です。このように大きく分けると素材は3つあり、それぞれ仕上がりが異なるので素材について把握しておくといいでしょう。

医療用ウィッグは選び方が大切

抗がん剤治療が始まるタイミングで医療用ウィッグの購入を検討する方も多いかと思いますが、医療用ウィッグと言っても種類は多く存在しています。購入時に大切だと言われているのが試着です。なるべく自分に合うスタイルを選びたいと思う方や、自然な仕上がりがいいと思っている方が多いかと思いますので、イメージ通りの医療用ウィッグを完成させるためにもしっかりと試着を行いましょう。

では、試着をする上で大切なポイントについて紹介します。まず、頭の周りは肌に優しい素材かどうか確認しておきましょう。脱毛しているため、地肌に直接医療用ウィッグを装着することになるので、肌触りがよくないものを選んでしまうと頭皮が傷付いたり、違和感を抱いたりすることがあります。このようなことがないように、やさしい素材を選ぶことは大切なので、試着でどんな素材を使用しているのかについても確認しておくようにしましょう。

また、サイズについてもこだわって選ぶようにしましょう。医療用ウィッグは頭に装着するタイプになるので、しっかりとフィットしないと違和感があったり、不快な思いをしたりすることがあります。締め付けが強くて長時間つけることができないなど、快適に装着できないと意味がなくなってしまいますので、サイズの調整はしっかりと行うようにしましょう。例えば、医療用ウィッグ通販ショップ「ライツフォル」が扱っている製品のように、髪の毛が全くない状態でも違和感がなくつけられるものであれば安心できるでしょう。

抗がん剤治療による脱毛について

薬と水を入れたグラスの写真抗がん剤による化学療法は、様々な副作用が起こるということは、一般的によく知られています。
その副作用の中でも、髪の毛が抜け落ちるという症状は誰もが知っているのではないでしょうか。
脱毛というと髪の毛をイメージする人も多いでしょうが、抗がん剤の治療は全身治療になるので髪の毛だけではなく、全身の体毛に影響が出ることがあります

では、脱毛は抗がん剤治療を行ってからどのくらいで始まるのかということですが、基本的には治療開始後2、3週間後ほどで始まり治療が終わると1カ月から2カ月ほどで再生が始まり、そして、3カ月から6カ月ほどで回復をすると言われています。
基本的には抗がん剤治療を行っても一時的な脱毛になるのですぐに髪の毛は再生しますが、それまでの期間は何らかの対策を考える人が多くなっています。
対策方法としてはいくつかあるのですが、その中でも医療用ウィッグについて検討する人は多いと言われています。

医療用ウィッグとは、簡単に説明をするとかつらのことを言います。脱毛の時期でも医療用ウィッグを装着することで、脱毛の不安を抑えることができます。実際に購入を検討している方も多いかと思いますが、購入をする時には準備するタイミングが重要になります。一般的には、脱毛が始まる前に作った方が脱毛時には仕上がっている状態になるので、脱毛の不安を抱える心配はありません。その為作ろうと思っている人は、抗がん剤の治療を開始すると決まったタイミングで準備するといいでしょう。

このサイトでは、購入を検討している方のためにも医療用ウィッグについて説明します。