抗がん剤治療による脱毛について

薬と水を入れたグラスの写真抗がん剤による化学療法は、様々な副作用が起こるということは、一般的によく知られています。
その副作用の中でも、髪の毛が抜け落ちるという症状は誰もが知っているのではないでしょうか。
脱毛というと髪の毛をイメージする人も多いでしょうが、抗がん剤の治療は全身治療になるので髪の毛だけではなく、全身の体毛に影響が出ることがあります

では、脱毛は抗がん剤治療を行ってからどのくらいで始まるのかということですが、基本的には治療開始後2、3週間後ほどで始まり治療が終わると1カ月から2カ月ほどで再生が始まり、そして、3カ月から6カ月ほどで回復をすると言われています。
基本的には抗がん剤治療を行っても一時的な脱毛になるのですぐに髪の毛は再生しますが、それまでの期間は何らかの対策を考える人が多くなっています。
対策方法としてはいくつかあるのですが、その中でも医療用ウィッグについて検討する人は多いと言われています。

医療用ウィッグとは、簡単に説明をするとかつらのことを言います。脱毛の時期でも医療用ウィッグを装着することで、脱毛の不安を抑えることができます。実際に購入を検討している方も多いかと思いますが、購入をする時には準備するタイミングが重要になります。一般的には、脱毛が始まる前に作った方が脱毛時には仕上がっている状態になるので、脱毛の不安を抱える心配はありません。その為作ろうと思っている人は、抗がん剤の治療を開始すると決まったタイミングで準備するといいでしょう。

このサイトでは、購入を検討している方のためにも医療用ウィッグについて説明します。